リノベーションで暮らしを変える

リノベーションの注意点

中古住宅をリノベーションする時の注意点

中古住宅をリノベーションする時の注意点 近年は、中古住宅を活用するということでリノベーションをする人が増えています。その際の注意点がいくつかあります。
まず、既存躯体に関することです。建築では、大きく二つに分けられます。スケルトン(躯体)とインフィル(内装)です。
リノベーションは、そのインフィルの部分を改修する訳ですが、その際にスケルトン(躯体)の状況を確認しておく必要があります。
躯体の状況があまりに劣化が激しいと、折角インフィルの改修をしたところですぐに建物の寿命が来てしまうのです。
長寿命住宅を目指すのであれば、躯体の劣化状況を確認し、傷んでいる箇所の補修をすることが重要です。これは、耐震強度を保つという点からも非常に重要な事なのです。
次に注意するべき点は、設備配管関係です。一度リノベーションを完了させてしまうと、配管が塞がれてしまいます。
配管も経年と共に劣化しますので、内装材を剥がした状態の時に配管の状態を確認し、劣化が激しければ配管交換をする必要があります。配管交換をした後でも、内装材を仕上げる時に点検口は必ず設けることです。配管詰まりの対処の際に必要となります。
このような点が、中古住宅をリノベーションする際の注意点です。

木造の中古住宅をリノベーションする時の注意点

木造の中古住宅をリノベーションする時の注意点 中古住宅を購入して、リノベーションする方が急増しています。
新築の家を購入するより当然、安い費用で変えますし好みに合わせてリフォーム出来る点が、若い世代の方にリノベーションが人気となっている理由です。
ただ、木造の中古住宅をリノベーションする場合には、いくつかの注意点があります。
まずは「シロアリの被害」です。
シロアリは家の土台は柱などを食べていく害虫として知られています。古い木造住宅の場合、シロアリが柱を食べるなどしているケースが多いのです。
シロアリの被害に遭っている家は、耐震性も落ちてしまうというデータもあります。もし、購入した家にシロアリが住み着いていた場合は、最初にシロアリ駆除から行う必要があるのです。
また、勝手に柱を切る・壁を抜くといった行為も避けましょう。
鉄筋コンクリートの住宅とは違い、木造住宅は素人でも簡単に柱を切る事が出来ます。切っても家の構造上、問題の無い柱もありますがもし大黒柱を切ってしまうと大変です。
家のバランスが崩れてしまい、最悪の場合倒壊する危険性も出てきます。
また、壁も家のバランスをとっているケースがあるので、むやみに抜くのは危険です。
素人で判断するのは難しいので、柱や壁を取り除きたいという場合は専門家に相談してみましょう。

おすすめのリノベーション関連リンク

リノベーション・デザインリフォームの会社のサイト

京都 リノベーション 会社

Copyright (C) 2017 リノベーションで暮らしを変える. All Rights Reserved.